こんな感じで。


by miumiu_san
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フリマを語るにはまずその前日から。

用意した服はほとんどアイロンをかけた。
Tシャツまでアイロンをかけてピシッと畳んだ。
子供服も全てアイロン。
そしてサイズと値段を書いたシールを貼った。
ダンボール3箱分の子供服を用意。
あとは大人モノとぬいぐるみやタオル類・・・etc.

ほとんどの値段をつけ終えたあと、
某○ちゃんねるのフリマスレを見た。
そしてあるカキコに目がとまった。

良心的な値段をつけて値引きを惜しむよりは、
ちょっと高めにつけて大幅に値引く。
この方が同じ値段で買っても御得感がある。
もとが安くても値引きしないところは売れない。


た、確かにそうだ。
今の値段(安めにつけていた)では更に値引かれる。
それよりはもうちょっと高めに・・・



というわけで当日になってほとんどの値段を訂正した。



準備が終わったのは午前2時。





就寝2時半。





しかし気が立って眠れず。遠足前の子供状態





当日起床5時半。





い、今からなんだよね・・・・(汗)←この時点で既に疲労度60%



ほとんど徹夜のまま本番へ。(その2に続く)
[PR]
by miumiu_san | 2005-04-30 16:58 | ∥日々のボヤキ∥

フリーマーケット

GWの初日29日は、
念願だったフリーマーケットに初出店の予定。
初体験であるにも関わらず、
南九州最大のフリマ(ブース数400)
を選んでしまったことに多少不安が残るが、
それはまぁなんとかなるであろう。多分

正直なところ、


フリマには2回しか行ったことありません。。(購入歴なし)


なので相場がわからない_| ̄|○

用意した子供服や自分の服に、
いったいいくらの値段をつけたらよいのかさっぱり見当がつかない。

考えあぐねて既に2週間。

床の間に放置している洋服どもに値段をつけねばならぬ。
いい加減重い腰をあげねば・・・と思っていたところに、
そのことを聞きつけた義母がたくさんの洋服をもってやってきた。

「あのね、うちにあってもどうせ着ないし、
 場所とってこまるから、
 これも一緒に売ってくれないかしら~?
 もちろんmiumiuさんにあげるから♪」


・・・・・・・・・・・・・・


更に、数日後また電話がかかってきて、


「あのね、うちにおねえちゃん(義姉)の洋服でいらないものがあるんだけど、
 これも取りにきてちょうだい♪



・・・・・・・・・・・・・・



「も、もういらないです・・・」(心の中で)




自分の家の中のものも出しきらないというのに。
しかも、あの小さなブースに友達と2人で出店するのですよお義母様。
そもそも、義姉の服を勝手に売りさばいていいのですか。
しかも、ダブルのボディコンスーツ(超ミニ)って・・・_| ̄|○

「せ、せめて夏モノだけにしてください…(弱気)」←精一杯の抵抗(結局もらっている)



あれよあれよと集まった洋服が収拾がつかなくなり、



更に腰が重くなり・・




体重も重くなり・・





気も重くなり・・・







・・・・・・・・orz(現在に至る)
[PR]
by miumiu_san | 2005-04-26 13:30 | ∥日々のボヤキ∥

トイレ掃除。

やりました。
気合を入れて棒タワシでゴシゴシ。
うちのトイレはタイル張りで、
しかも何故か、
排水口とは逆方向に水が流れる(要するに欠陥)作りになっているので、
やりにくいことこの上ない。
それでもやりましたよ・・・


その日の夜。


「あ。おかあさんトイレ掃除したんだね^^」


「そうだよ~。キレイになったでしょ?」


「うん♪キレイになってる。
 でも、ここはまだ汚れてるんだけど?(--
 ほら、ここだよここ。(トイレの角を指差しながら)」



「・・・・・・・・・・・・・・・」



ホントの姑より厳しい_| ̄|○
[PR]
by miumiu_san | 2005-04-21 16:04 | ∥日々のボヤキ∥

家事三昧。

仕事やめてから「家でなにしてんの?」ってよく聞かれるんだけど・・・


家事だよ家事(-"-)


他になにするというんだ。
ボランティアとテニスとランチと読書は除く(´・ω・`)

先日夫に
「お前が仕事辞めてからだんだん家がキレイになってきたな~♪」
って言われたんだけど。
それって絶対誉め言葉じゃないよね。
むしろ嫌味?(今まで汚くて悪かったな・・・)


しかも昨日娘から、

「お母さん、トイレ掃除したほうがいいと思うよ(--」

と姑のごとく注意されたので今からやります_| ̄|○
[PR]
by miumiu_san | 2005-04-20 11:16 | ∥日々のボヤキ∥

参観日。

先週の参観日は最悪だった。


その日の課題は「母の日が近いのでお母さんの絵を描きましょう」というものだった。

紙をくばられると同時にさっそく描きはじめる子供達。

その36名の子供のうち、
絵を描かなかった子供が3人。

そのうちの1人がうちの娘である。

最初に「お母さんの絵を・・・」と言われたときから曇り顔だったが、
どんなに諭しても描こうとはしなかった。

『お父さんの絵は描けるけど、お母さんは描けない』

そう言って、
泣くわけでもなくいじけるわけでもなく、
ただふてくされてクレヨンを握らない娘。
周りのお友達を見ると、
年長とは思えないほど立派な絵を描いている子供もいる。
何故周りにできることがうちの娘にはできないのか・・・

30分ほどの間に、
ほとんどの子供達が絵を仕上げて、
最後には前に出て自分の作品を発表したが、
その間も娘はふてくされて、
かろうじて描いた絵もひた隠しにし、
人前に晒すことなく終了した。

しかも、そのあと先生がお片付けの説明をしているとき、
うちの娘だけが席を立ち、
先生の前に何か話をしに行く。
自分の意見を伝えることに必死で、
周りのことなど一切見えてない。。
一人っ子だから協調性に乏しいのか・・・とも考えたが、
クラスに一人っ子はたくさんいる。
娘だけがそんな調子なのだ。

この一連の様子を見ながら、
うちの娘はいわゆる「少数派」なのか・・・と愕然とした。
普通の家庭で普通に育ち、
普通の考えを持って生きてきた自分自身と娘を重ね、
うちの娘に限ってそんなことは・・・という思いが強かった分、
ショックが大きかった。

そんな状態の娘をハラハラしながら見ていると、
ベテランお母さんが声をかけてくれた。

「今のみうみうさんの気持ち、良く分かる^^
 うちも長男の時はあんな感じだったのよ。
 1人目の子供はどうしてもね~・・・」

一人目だと、どうだというんだろう??

他のお母さんにはこう言われた。

「みーちゃんて、やっせんぼ(小心者?)には見えないけどね~(笑)」

それぞれに詳しくは聞けなかったが、
一人目だから手をかけすぎてストレスやプレッシャーに弱いということなのか?
普段はのほほんとしているくせに小心者で慎重派・・・なのか??

少なくとも、
あんな調子ではこれから先が思いやられるよみーちゃん・・・

しかも、帰宅後にじっくり言い聞かせようとしても、
「は~い」「は~い」「わかりました~」と生返事。


おのれ・・・・・(拳握)


しかしまぁこれも成長の1つ。
娘個人の性格が確立してきたってことなんだろう・・・そう思うことにした。

授業中の徘徊については厳しく言ったけど、
あとは年齢と共に自主性や判断力が育ってくれることを祈ろう・・・_| ̄|○
[PR]
by miumiu_san | 2005-04-18 15:15 | ∥日々のボヤキ∥

読書。

仕事を辞めたあとやろうと思っていたことはたくさんあって、
でも、日々の生活に追われて遅々として進んでいない(遊びすぎ?)

その懸案事項の中の1つに読書がある。

ここ数年、なかなか本を読む気になれず、
年に数冊しか読んでいない。

原因は2つあって、
1つは妊娠出産。
妊娠したのを機に集中力が激減。
更に産後、義母に「活字を見るな」と言われたことも後押しとなり、
ぴったりと本を読まなくなった。(ついでに映画も観なくなった。)
2つ目はインターネットの登場。
その中には本を読むよりも興味深い世界がたくさんあり、
あえて読書をしようという気にならなかった。

というわけでかれこれ6年ちかく読書から遠ざかっていたが、
先日、テレビ『情熱大陸』で直木賞作家「角田光代」の特集をやっているのを見て、
久々に本を読んでみようという気になった。

現在のところ2週間で約5冊。(他の作家本も含む)
やっぱり読書はいい。
自分とは違った別の世界の空気を感じることができる。
忘れていたものがリアルに蘇ることもある。
作家やジャンルにこだわらず、
もうしばらくは読書を楽しもうと思っている。



さて。
その読んだ本の中から印象的な一文を某姉様に。(テレビでも放送されましたが・・・)

誰かを好きだという気持ちの出所はいったいどこだ。嫌いな点や食い違っている点を幾つあげても嫌いになれないのはなぜだ。私じゃない、だれか、たとえば神様みたいな人が、そうしむけているに違いない。そのだれかが、もういい、もう終わっていいと言うまで、私は熱にうかされたようにきっとこの男を好きでいる、そうするしかできないのに違いない。【角田光代:あしたはうんと遠くへいこう】

これは恋愛の話だけど・・・
相手のどこに「魅力」を感じるかなんて千差万別。
その理屈抜きで好きだと感じる気持ちは、(同じく、嫌いだと感じる気持ちも)
自分の意思とはまったく無関係で・・・
ホントに、困ったものよね^^;
[PR]
by miumiu_san | 2005-04-15 00:40 | ∥適当に独り言∥

ついに。

日記をブログに入れ込みました。
訳あってサイト名も変更します。
リンクされてる方々、
変更をお願い致しますm(__)m
[PR]
by miumiu_san | 2005-04-14 00:28 | ∥日々のボヤキ∥