こんな感じで。


by miumiu_san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

まっきれる。

うちの会社の仕事は1つ1つの仕事量が多い。
同じ作業を何時間も続けるのは苦痛だし、
それが単純作業ならなおさらだ。

先日は1日パソコンの前で作業をしていたため、
その日の夢の中でも同じ仕事をしていた。
夢の中で検体の写真とってんの。
画像処理して「保存名何にしようかな~」とか考えてんの。


アホ?


日々、大量の報告書だったり、
洗い物だったり、
データチェックだったり、
どれもこれもやってるうちにうんざりしてくる。

そして、今日も帰る間際に呼ばれたかと思えば・・・

「悪いんだけどさ~、カレンダー巻けるだけ巻いて帰って。」

と差し出されたダンボール3箱(×100枚入り)。
まだ他に数十箱積み上げてあったけどあまり考えたくない。

会社名が見えるようにくるくる巻いてビニールに入れる。
巻いて入れる。
巻いて入れる。
巻いて入れる・・・・・


うがーーーーーーーーーーーーーーっっ(切)



発狂する寸前で100枚突破。
他の職員さんと一緒にブツブツいいながら巻いたけど、
結構重労働なのねこれ・・・

今までもらうばかりで選り好みして捨ててきた天罰か。


来週からが思いやられる_| ̄|○
[PR]
by miumiu_san | 2005-11-25 00:10 | ∥日々のボヤキ∥
※お食事中の方は御注意。

先日の職場でのこと。

いつもは食品や水に関する検査の仕事を御手伝いをしているが、
暇な時は隣りの検査室の御手伝いをする。
隣りの部屋とはガラス張りのサッシで仕切られているだけなので、
中の様子は丸見え。
最初から思っていたが実にアヤシイ(謎)

「コレ手伝って~」と隣りの部屋に呼ばれていくと、
作業台の上に山と袋が積まれており、
その中にアレが入っていた。

あの ぎょうちゅう検査用の青いフィルム。

誰でも過去の記憶に残っているだろう。
あのオシリにペタペタするやつ。
その袋が各学校や幼稚園・保育園ごとに入っていて、
「今から検査するから枚数と陰陽チェックして。」
とのこと。

言われるがままに袋の枚数を数えて記入する。
量が半端でない。
春の新学期ともなると、
もう手におえないほどの検査量になるらしい(ウプ

あたしの横で手際良く検査していく職員さん2人。
さすがプロ。
ものすごい勢いで検査していく。
そして時々とか「あ~出た出た。」とか「ん~」とか「ひゃ~!」とか声を上げている。

気になるではないか。。。

そして「ぎょうちゅうの卵って・・・どんなんだろう?」と素朴な疑問。
さっそく見せてもらった。

青いフィルムなので顕微鏡で見た視界全体が青。
その中に白い丸い粒みたいなものがポツポツ見えた。
「その胡麻みたいな形のやつがそうだよ~。」
と検査員さんが教えてくれた。

ほほう。
なるほど。
いい勉強になった・・・

そう思いつつまた枚数チェックしていると。

「うあ。これは・・・・・・・・・見る価値あるっ!」

思わずどれどれ・・と見てしまった。


ぎょーーーーーーΣ( ̄□ ̄;)!!!


一気に全身鳥肌。


「3プラス(--」
「なんと。」
「ものすごく痒いと思うよこの子。」
「す、すごい量ですね(汗)」
「私ね、この検査はじめてから胡麻がダメになったのよね~(苦笑)」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗)」


まさしく胡麻だった_| ̄|○


その後も多数の陽性者がいた。
1人いると同じ教室にいる子供に次々感染するらしい。
寝食を共にする機会の多い保育園など特に・・・

田舎ということもあるだろうけど、
ぎょうちゅうのいる子供がこれほどいるとは思わなかった。
ちょっとショック。
ある時までは減少していたものの、
最近は増加傾向にあるらしい。
それも「無農薬野菜」が原因の1つであるとのこと。
無農薬というのも良し悪しなのですね・・
生で食べる葉物野菜なんてもう怖くて手が出せなくなるがな。


東京で行った「目黒寄生虫館」を思い出しちゃったよ。。
アレとかコレとか・・・(わざわざ見に行った己もどうかと思うが)


ん~・・(--;
[PR]
by miumiu_san | 2005-11-19 00:21 | ∥日々のボヤキ∥
世の中にはアレの見える人が結構いるようだが、
少なくともあたしの周りにそんな人はいなくて。
見えようが見えまいが、
信じようが信じまいが、
そういうことは特に気にせず今まで生きてきた。

娘がはっきりと喋り始めた3歳くらいから、
チラホラとそういう話をし始めた時でも、
「偶然だろう」とか、
「夢でも見たんだろう」と考えてごまかしてきた。
が、最近になって話がちょーリアルになり、
ついにごまかせない感じになってきた。

間違いない。
みーちゃんにははっきりと見えてるのだろう(--

正直、みーちゃんの言っていたあのトンネル、
帰宅の際もう一度通った時は鳥肌が立った。
涙出てくるし。
当の本人は後部座席で熟睡してるし。
怖すぎるみーちゃん・・・

そのトンネルの話をしてくれたとき、
実はもう1つ話をしてくれた。

仲良し友達のKちゃんが遊びに来た時のこと。

2人で外にでて縄跳びをしていたら、
うちの屋根に男の人がいて、

家を叩き壊そうとしていた。

のが見えたらしい。(叩き壊す?!


「あ、おじちゃんがあんなところにいるー」と言ったものの、
当然Kちゃんには見えず。
そして二、三度まばたきしたらいなくなったらしい。

過去日記を読みかえしてみると、
自宅では「おじちゃん」発言が多い。
住んでます・・・知らないおじちゃんが・・・

みーちゃんの守護霊とか?(ポジティブに

あと、みーちゃんと同年代の女の子もいるらしい。
霊の通り道になってるのだろうか。。

通り道といえば。

実は、Kちゃんのママ(Mさん)は、
あたしの飲み友達。
そのMさんに、
「あたし・・・霊の目だけ見えるのよ。目のようなもの。」
と告白された時にはのけぞって倒れそうになった。
彼女は肝試しで枕崎の某有名心霊スポットに行った日から、
突然見えるようになったらしい。
特に生理中にはよく見えるとのこと。(意味わからんし
最初は家に中で霊を見ると「うわっ。」と驚いていたけど、
そのうち慣れてきて、
「うちには2人住んでるから。男の人が。」と平気な様子。
しかも、座っていたテーブル横の小窓を指差して、
「ここ・・・霊の通り道になってるからwww」
って笑い話になるかそれがあぁああ。

家のすぐ近くに線路があって、
その踏みきりを渡る度に、
毎回霊に「おいでおいで・・」されるのだけはコワイと言っていた。
しかも半端じゃない数の霊がいるらしい。

その話しを聞いて以来その踏みきりを通れなくなりました。

彼女は人間の霊だけではなく、
動物の霊も見えるんだそうです。
実父の御葬式のとき、
遺体の周りに猫が数匹・・・
シッポが何本もある白い猫の霊も見たと言ってました。
息子と一緒に見たから間違い無い!と言ってましたが・・・
化け猫???(汗)

こういう話を聞くと、
あたしには見えなくてよかったと思う。。。

例えば霊媒師さんとか、
江原○之さんとかも、
供養やお払いができる人にとっては双方に有り難い能力だと思う。
だけど、実際に何もできないでただ見えるだけの人にとって、
その「見える理由」ってなんなんだろ・・・・?と考えてしまう。

みーちゃんに見える人達って、
一体何を伝えようとしてるんだろう。

うっすらとしか見えないMさんに言わせれば、
「カラーで性別や表情まではっきり見える」こと自体すごいらしい。

うちのお風呂の換気扇あたりにいるおじちゃん。
枕元に立っていた赤いスカートを着た女の子。
トンネルでオレンジの?を持っていたコワイ顔したおじちゃん。
某スーパーで床を拭いていた男の子。
トンネルで血を流していた透明人間さん・・・

どうしたらええのん?(T∇T)
[PR]
by miumiu_san | 2005-11-11 11:58 | ∥日々のボヤキ∥

コモコモス。

小さい頃「コスモス」と言えなかったあたし。。

帰省したとき、
実家近くにある西都原古墳郡の「古墳まつり」に行ってきた。
というより、コスモスがキレイだというので見に行ったら、
たまたまお祭りでした。

b0001867_081724.jpg


まだツボミが多かったので、
今週末が1番の見頃かもしれない。
久々に気持ちのいい澄んだ空気を吸った気がする・・

やっぱり田舎は落ちつく。

b0001867_0135123.jpg


写真奥に見えるのは「鬼の窟古墳」(206号墳)
[PR]
by miumiu_san | 2005-11-08 00:22 | ∥日々のボヤキ∥

何をしているのか。

振り返ってみてもそれほどたいしたことはしていないのに、
日々いつも追われている。
一日なんてあっという間。
光陰矢のごとし。
こうやって気づいたら婆さんになってるのでしょうね。

こないだフリマで以前の職場の人と話をしたんだけど、
やっぱり35歳という年の変化は大きい。
いよいよアレな感じ。
自分にごまかしが効かないといいますか・・・
特に仕事をしていなかった半年間で脳が退化。
せっかく繋がっていたシナプスが、
ところどころ途切れた感じする。。
だって、自分でもよくわかんないことやってたり、
思ってることと違うことしてたりするんですよ。
恐ろしい。
自分自身を徐々に失ってる感じする。
こわーい。
老化ってこわーい。


こわーいといえば。
今日もみーちゃんに言われました。

現在、鹿児島から実家に帰省してるのすが、
帰省途中、車中からナニが見えたんだそうです。
トンネル内で足から血を流した透明な人・・・
彼女は「あ、透明人間だ~」と思ったのだそうです。
みーちゃんはとても恐がりで、
お化けは嫌い!と言っているのに、
こういうのは平気らしい。
彼女にとってお化けとか幽霊って一体なんなのだろう??(本気で疑問)


一体なんなのだろう??といえば。

掲示板でもたくさんの人がコメントしてくれました。
あの、職場にいる気分屋Kさん。
一体何が気に入らなかったのかさんざん無視していたくせに、
ある日突然普通に戻りました。
「何か仕事ないですか?」と聞けば、
「ん~・・・じゃアレを・・・」と頼んでくるし、
頼んだついでに「わからないことありますか?」と親切に聞いてくるし、
今度はあたしの方が「はぁ?」です。

先日なんて笑顔で「これスゴイよねw」と某ブツを見せて下さって、
もう一体なんなのかあたしにはさっぱりわかりません。

でも、一度完全無視されてイヤな目にあっているので、
無意識に自己防衛・・
必要以上に返事はしないし、
仕事以外では決して話しかけません。
というより、また無視されたらイヤだというトラウマにも似た感情があります。

本当は、自分の性格上こういうのはとてもイヤなのです。
本来の自分ならとっつかまえて「何が気に入らないのよ?!」とか、
「そんなんじゃ周りが迷惑するのよ!」くらい言っちゃうのですが、
もうそんなおせっかいなことするような年齢でもないし・・・
そんな立場でもないし。
そしてそんな相手でもないし(フッ

というわけで、
適当に当たり障りのない距離を保っているのであります。


当たり障りのない・・といえば。

夫とまた喧嘩をしている。
昔なら言いたいこと150%言い合って喧嘩していた夫婦ですが、
最近はもうそういう不毛な争いは避けるようにしている。
アホらし。
なので、核心部分で夫が攻め込もうとしたときは、
当たり障りのない返事を適当にしつつ、
す~っと逃げるようになりました。
逃げてるだけなので根本も未解決のままですが、
もうこの歳になるとどうでもよくなってくるのですね・・・
年ってイヤね。
ホントおばちゃんだわ。

といいつつ話はまた最初(老化)の話に戻っていくのであります。

あ~ヤダねぇ。。
[PR]
by miumiu_san | 2005-11-06 02:02 | ∥日々のボヤキ∥