こんな感じで。


by miumiu_san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ストレスが・・

水曜日。

仕事に行く途中、お腹が痛くなり・・・
フラフラしながらも、
途中痛み止めを飲んでなんとか5時まで労働。
そのあと、娘を迎えに行くと、
みーちゃん風邪で熱発(--

仕方ないので木曜日は昼から仕事を休み、
みーちゃんとマッタリ過ごす。
しかし、ヒョイッと立ちあがった拍子にまたお腹に激痛が。

あ~・・・
なんかお腹が痛いなぁ・・
昨日のより痛い。

うーん・・

うーーん・・

うーーーん・・・(汗)

い・・痛い・・いたいよっ

いたたたたたたたたたた!


だ、誰かあぁあああああああ!!(滝汗)


というわけで七転八倒。


もがき苦しむ母を横目に、
ピポサルに夢中な娘。

「お母さんとうしたの?」くらい言ってくれても・・


仕方ないので仕事中の夫を呼び戻し病院へ。


「あ~。。お腹に血が溜まってますね。
 コレ以上出血が増えるようなら吸引か開腹か・・」

「・・・・・・・(汗)」


「絶対安静です。入院しますか?」

「帰ります(即答)」


というわけで安静生活。

本日で三日目。


・・・・・・


耐えられず。




テニスしてしまった。。_| ̄|○




大丈夫でしょ・・(汗) 多分

[PR]
by miumiu_san | 2006-02-20 00:18 | ∥日々のボヤキ∥

報われない。

今週に入りようやく仕事が落ちついてきた。
先週までの仕事量が信じられない。
異常な忙しさだった。

夫が仕事を減らせとうるさい。
そりゃそうだ。
だって家に帰ってもグッタリしてるんですから。
だけど、あたしだけが忙しいわけじゃないし、
あたしが仕事を減らせば、
その分他の人に迷惑かけるんじゃないかと思うと、
なかなかそれも言い出しにくい。

それでも。

先週は本当に疲れていて、
もうこのままじゃ仕事を続けるのは体力的に無理だし、
昨年末辞めたHさん(パートさん)の代りをそろそろ入れてもらえたら・・・
という話をしてみた。

どうやらもう一人入れる予定はないらしい。

パートはあたし一人だけでなんとかまわすつもりだと。

はぁ・・そうなんだ。。
あたしは、仕事も頑張ってるつもりだけど、
それ以外にもテニスもやりたいし、
ボランティアもやりたいし、
本来、家のことも娘のことも、
やらなければならないことはたくさんある。

たいした保証もない待遇での労働。

家計が苦しいというわけでもない中で、
そこまで身を粉にして働かなければならない理由もない。

「体力的にも厳しいし、
 できればもう少し休みを増やしたいんです。」

そんな話をしたところ、
あの無愛想な男Kさん曰く。。

「そんなにキツイですか?」
キツイやろ・・

「自分はそこまでキツイって感じないんですけどね。」
それは面倒な仕事をあたしに押し付けてるからでは・・?

「確かに家のことや御子さんのこともあるし大変だとは思うけど、
 前に来てたパートさんは同じ主婦でも毎日残業までして働いてましたよ。」
あのさ・・・人にはキャパってものがあるし、人それぞれに事情があるから同じじゃないでしょ。。

「だいたい、休みたいという日は休みとってるじゃないですか。
 これ以上何が不満なんですか?!」

そういうおまえの態度が不満100%なんだよっ(怒)


とは言わないけども。ケッ

少なくとも易々と休める雰囲気ではない。
気を使うじゃないか・・

でもまぁ、今週になってようやく仕事も落ちついてきたので、
もう少しは様子見ようと思っている。。


という話を夫に話した。
ほいたら・・

「おまえが言えないんだったら、俺が直接会社に掛け合おうか?」

「・・・・・・・・・」

「こないださ、テニスに遊びに来てたAちゃんって女の子がいたんだけど、
 すごく可愛く髪を結んでもらっていたんだよね。
 奥さんは専業なのかわかんないけど、
 それだけですごく手をかけられてる子供にて見えたんだよね。」

「あのさ、それってあたしがみーちゃんに手をかけてないって言いたいの?」

「そういうわけじゃない・・」

「暗に言ってるじゃん。」

「いや、言い方が悪かったなら謝る・・」

って言い方も何もないでしょう。
そのままやん。

目の前で泣くのは口惜しかったので必死で耐えたけど、
喉が痛くてたまらなかった。
ものすごく口惜しかった。
血の気が引いて全身の力が抜けた。

全てを否定されている・・・
そんな感じがして。

Kさんにしても夫にしても、
あたしがやってることなんて当たり前のこととしか思ってない。

頑張っても頑張っても全然分かってもらえてない。
一番身近にいる夫に否定されたことで、
しばらく身体に力が入らなかった。

他のことで手を抜いてるのは否定しないけど、
みーちゃんのことでは・・・

幼稚園の行事やお友達付き合い、
塾の送り迎えも、
毎日の宿題も、
洋服も・・・ちゃんと似合うのを選んで、
ご飯も栄養を考えて・・・
頑張ってるつもりなんだけどなぁ・・
愛情注いで育ててるつもりなんだけどなぁ・・
髪型だけで判断されるの?
あたし自身あまり髪を留めたり結ったりしないし・・
ただそれだけのことなんだけど・・・
そもそも男の子だったらどうなのよ・・・


腹が立つというより哀しかった。


思い出すだけで泣けてくる。


なんのために仕事してんのあたし・・・
[PR]
by miumiu_san | 2006-02-18 17:19 | ∥日々のボヤキ∥