こんな感じで。


by miumiu_san
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

親不幸。

すっかり真冬になってしもた。

娘も通知表もって帰宅。

はぁ・・・光陰矢のごとし。


今日、何気に近所の薬局前で、
むかし、うちの庭に下着観賞に来ていた少年(とはもう言わない年齢)に遭遇した。

そもそも自宅が同じ通り沿いで数百メートルしか離れてないのだから、
頻繁に目撃するんだけど、
今日見たら、体が不自由になった父親と2人で買い物に来ている様子だった。
見るたびにあの時のイヤな気持ちを思い出すんだけど、
今日はリアルに蘇った。

近所のおじさんに教えてもらった驚愕の事実。
それを確かめるべく設置した監視カメラ。
そのビデオを見てしまった時のあの恐怖感。

脳裏にしっかり焼き付いていて、
今でもはっきり思い出せる。

結局、警察にも連絡して示談ということになったんだけど、
その時、父親はビデオを見るまで自分の息子を信じていたとのこと。
そりゃそうだ。
まさか自分の息子がそんなことするなんて思わないよね。

その後、父親がうちに来て泣きながら謝罪して帰ったけど、
今は同じ子供を持つ親として不憫でならない。

やっぱり、やっちゃいけないことはイケナイんだよね。。

こんな親不幸なことはないよ。


しかも、警察沙汰にまでなったこの事実は一生消えないわけで。

うちの旦那も、
女の子を持つ父親として、
「あいつ、まだ絶対にそういうことやってるよ。
 そういう人間が近所にいること自体目障り。
 どっか行けばいいのに。」
と言って憚らない。
しかも、こういった事実があったことを、
近所のごく限られた人間しか知らないという現実。

本当はもっと身近に危険な人がいるんじゃないかと、
疑心暗鬼にさえなってしまう。

性に関係する犯罪は、
エスカレートすることはあっても、
その嗜好が変わることは絶対にないらしい。

今日、親に優しく接していたその少年(青年?)の裏に、
そういう嗜好が潜んでいるのだ、絶対に消えることはないのだ・・・と思うと、
更に暗澹とした気持ちになったのであります。。
[PR]
by miumiu_san | 2007-12-21 15:07 | ∥日々のボヤキ∥

洗濯。

じゃなくて選択。


今度は夫の両親が機嫌悪い。

仕事が遅い(6時半~7時ぐらい)ので娘の迎えが遅くなってるし、
習い事の送り迎えも任せっぱなしになっている。

姑はまだいいんですけどね。
舅がね。

なかなかに厳しい(フッ


両親の機嫌悪いな~と思って娘に探りをいれたら、

「子供のことを考えて仕事をせんとね。」

と言っていたらしい。

親の言いたいことは十分わかるんですけど・・・




はぁ。



仕事頑張ってるだけなのに。
どうして女はいろんなものを背負わないといけないんでしょう。


仕事をしてのほほんと帰って来る旦那が羨ましいよ。



で。



ものすごく考えました。

どうしたら両立できるのか。





ボランティア・・・やめることにしました。





仕事が休みの日もボランティアで迎えが遅くなっている。。

毎月2~3回、欠かすことなく3年間通ってきたけど、
今、何を優先するべきなのかと考えたら、
歳を取ってからでもできるボランティアを諦めるべきかと。


仕事はやめたくない。
むしろ、もっとやりたいぐらい。
だけど、親の言いたいこともわかる。
確かに甘えすぎてたかもしれない。

今、娘との時間を増やすためには、
自分の時間を切り捨てるしかない。

苦渋の決断で夫に話したところ、

「わかった、協力する」

と一見理解したかのようなメールをよこしてきておきながら・・・・・・




昨日の夜、

「あ。日曜の自治会のゴミ当番、バレーの試合で出れないから♪」



「・・・・・・・・・・・・・」





おのれのことだけかてめぇ。んぁ?





最近イライラで愚痴ばっかりでウツ_| ̄|○
[PR]
by miumiu_san | 2007-12-07 09:10 | ∥日々のボヤキ∥